駆け回る

 秋は屋外で活動するには打ってつけ。それでお天気が良ければなおの事です。休日は魚種にこだわらず、釣りに出ることに決めていたので近所の川とか

17111702


 水状況が良いとは限りませんが、とにかく現場に立って投げるの繰り返しにも反応はありませんね。

17111701

 管理釣り場に行けば、状況が良いのかちょっと釣れすぎ・・・。(^^;) それでも、家族の分はちゃんとキープして帰ります。
 
 ある日、別の管理釣り場へ行けば、フライで釣るのは始めての魚種に驚く。

171117031

8番ロッドを結構絞り込んだのは、へらぶな。 集中して行ってるわりにはちょっとズレがあるね・・・。

秋の子バス数釣り

17102901_2


この時期、フライのタックル(#2~#4)を使い、子バスの数釣りに近所の野池へ行くことが恒例となった。9月頃と比べて幾分大きくなったバス、といっても20cm前後だが、ライトタックルで結構楽しめる。

比較的浅い、せいぜい1.5mまでの深さにいる魚はもろに天気や気温の影響を受けるぶん、良いときは入れ食いにもなる。とくにベイトを追いかけているときなどは釣りやすくなるのでサイズのわりには熱くなってしまう(^^;

17102903


ベイトを追いかけているときは、沈みすぎてもダメ、浮かせすぎて引き波が立ちすぎでも食いが悪くなるようですな。なので、ドライフックにウエイト無しで、マラブーやニンフのボディー材を使い、ワイヤーで補強する程度・・。それを水面直下で逃げ惑うベイトに化けてリトリーブする。

アピール度を増す場合はヘッドにディアヘアなどを。

17102904


フックサイズも#12程度だと、#2ラインでも風がよっぽどでなければ十分飛びます。リトリーブ時には、水面がやや盛り上がる感じが魚にはお気に入りのようです。

17102902



9月のお知らせ

 残暑厳しい毎日ですが、、、。
9月と10月の営業暦が出来ておりますので、今月もよろしくお願いいたします。
定休日を、「火曜日・水曜日」としてから2年以上が経ちますが時々、「水曜日に電話かけたけど休みでした?」というお話を聞きます。
 定休日が馴染むのは時間がかかるもんなのですね(^^;
→ http://daddys.life.coocan.jp/dad-koyomi.html

---------------------------

------------------------

------------------

夏をまったり釣る

Dscn0114

 まだまだ暑い毎日。釣りに行くのも億劫になるが、そろそろシラハエが婚姻色を出しているだろうよと、早朝のうちに行ってみることにした。
 タックルははるか昔、20年ほど前に買った、「Fates the Oikawa702」。リールが「UFMウエダCANTATA2100」。当時、シラハエ(オイカワ)を釣るためにはなく、ライトタックルで小渓流を攻めたくて購入したのが目的だった。20年以上も経って本来の釣り方デビューとは・・・(^^;

17082402_3



でもやはり、バランスを考えて買ったものですから7ft2番にはぴったりですね。そこに、ネット通販で手に入れた格安DTラインを巻いておきました。フライは、18番フックに巻いたソフトハックル系各種。子供の頃ハヤヤマベ針で覚えた定番です。ハックル黒、ボディーピーコックハール、タグにゴールドフラットティンセル。18番でも大きいときは20番の方が良いですが、老眼も相まって(^^; それ以上は落とせません。

17082403

 こんなのの色違い2~3個付けて、全長7.5~8ftくらいに調整したリーダーでウエットフライのダウン&アクロスで釣り下ればいいのではないでしょうか。
 キャスティングはオーバーヘッドよりはスペイキャスティングの方がトラブルもありませんね。ただ、釣れすぎて釣りが雑になるので私はドロッパーは使いませんが。。。

17082404


 朝の涼しいうちの一時には良いお遊びだと思います。


----------------------

---------------------

------------------

--------------

-------


 

朝顔も

 先月末から実家ではトイレの新築中で、お天気が持てばなぁ、と。
45年ほど経った住宅なので当然土壁が覗いている。地中からは
当時、お祖父さんが入れてくれた菰野石がゴロゴロと。
お陰で水捌けもよくなったとか。

朝顔も気持ちよく咲いて、工事も無事に終わってほしいものです。

Kimg05403


夏の営業のご案内。。。

 Daddy's hair navigator 創業20周年のお礼も兼ねた7月、8月の営業暦が出来上がりました。
 今季も宜しくお願い致します。

17063001

マテリアルを染める

ドライフライを巻こうにも慢性のマテリアル不足(T-T)。なので、元ある素材を色染めして急をしのぎます。
これから欲しいテレストリアル風のカラー、オレンジとイエローに染めました。

1. まずは余分な油分を洗い流します。「毛」ということなので、やや洗浄力の強いシャンプー剤を使用。17062002
2. ザッと乾かした後、塗りに入ります。今回染毛剤でなく、ヘアマニキュアを使用しました。理由は、染毛剤(毛染め剤)だと、グリズリーの黒の部分が褪せて茶色っぽくなり、コントラストが弱くなるのを嫌ったためです。
17062003_2
3. 30分ほどサランラップで包み、放置します。((時々、時間待ちの間にサランラップの上からマテリアルをよく揉み、薬剤を均等に染みこませるとムラなく染まります。))その後、シャンプー剤で洗浄しコンディショナーで表面を整え、よくすすぎます。
17062004

4. 洗いあがったマテリアルを、タオルやティッシュペーパーなどでよく水分を吸い取ったらドライヤーなどで乾かします。
17062005
5. 今回は、イエローとオレンジの2種類を染めました。ヘアマニキュアを使ったので、グリズリーの黒と染めた色とのコントラストがはっきりとしました。
17062006

後は、、、これで釣れれば言うことはないですね(^-^

--------------------

------------------

--------------

----------

----

良い時期は短い

 先々週、菰野町地内に数回用事で出かけた時は天気に恵まれ、山が綺麗だったなぁ・・・と、思い出しその時撮った御在所岳の写真。いつもは真正面からの角度が多いが、今回はもっと北側から。 新鮮味のある形となるねぇ。

17053101


 麦もこれからが本番というところだろうか。昔は田んぼが多かったが、今じゃ、麦畑がかなり増えた感がある。それはそれでまた情緒ありですね。
 こんないい日は、梅雨が迫った今から思えば懐かしいもんです。


  -------------------------------------

---------------------------------------

----------------------------

---------------------

---------

「勢州菰野物語」完成

 やっと完成しました(^^) お店の20周年記念に何を作るかな・・・と、考えていて、インストBGMに決めたのが昨年晩秋のこと。

17052902


 故郷の自然や歴史に感化されたモノをピックアップして徐々に積み上げました。よくよく見ればたくさんネタはあるのですね。。。離れて住んでいる方が客観的に捉えられるようです。
 アルバムタイトルの『勢州菰野物語』。勢州は古い地方名。勢州桑名という言い方もあります。
 ジャケットやブックレットもありますが、全て手作業だったのでややビンボ臭い所もあります。しかし、それゆえ地元感もたっぷりだと思います。店内でしか扱っておりませんがそこはご了承くださいね(^^

17052901_2

全7曲を試聴できます。→ 

春の川

 春から郡上周辺の長良川へ出かけている。小春日和の小渓流は釣っていてなんかのんびりしている。 平日の昼間の山里集落は、ご年配が畑仕事に精を出されており、日本の原風景かなぁ・・と、釣り以外にも視線がいく。

1705100101

 川岸には藤の花が垂れ下がり、渓もそろそろ毛バリの季節到来といった雰囲気だった。 サイズは小さいが、今年も郡上アマゴの姿が見れて安心した・・ ^^

1705100201

 初期は見やすいドライフライを使い、イライラを減らしたい。しかしホントウのところは、遠くより近くが問題となった自分の視力に、糸結びのスピードも落ちている。。。

1705100401

 この支流もかなり釣り人が入っているようで、普通のポイントからはまず出ない。いやらしい・・場所でしか反応が無いのも仕方がないでしょうなぁ。
 夕方は本流でオオモノを・・・・と、思っていたが、そう上手くはいかず、支流クラスの虹鱒が出た程度。長良川本流の郡上管内にも虹鱒がいるんですね・・・。

1705100301


--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------

------------------------------------------

-----------------------------

---------------

«桜咲く(いやこれからか)