« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

ものもち(その2)

 またしても、「ものもち」の良い話。今回は、モノというより音楽。楽曲というやつですか。
 中学一年の時に、イエローマジックオーケストラ(YMO)にはまり、見事音楽の扉が開けたわけで・・・、それらの音楽を聴きこんでいくうちに、誰でもそう思うが如く、「演奏したい」という欲求が沸いてきました。初めて興味を持った楽器がギターでもピアノでもなく、「シンセサイザー」だった事が幸いして、音を重ねて録っていくという行動を起こさせるのです。

 それでも、その作業を行えるようになるのは高校生になってからで、2台のラジカセを使い、演奏をしながらダビングを繰り返していきます(ピンポン録音)。
 そのピンポンで録った当時の曲が今でもカセットテープの中にはいくつか眠っていていますが、出来栄えはとても人に聴かせる類のモノではありません。

 先日も、その古いカセットテープをデジタルレコーダーへ取り込み、整理しながら使えそうな楽曲を見つけては、リメイクに勤しんでいました。そのうちの一曲がやっと出来上がりました。
 33年の時を超えて(^-^;)、甦る事が出来たのも、現代の機材のおかげですね~。(なにせ間違えてもいくらでも作り直しできます)
 
 捨てなくて良かった。カセットテープ(笑)

 * 

ものもち

 物持ちが良いねぇ・・・と、よく言われる。単に捨てきれない性格かと思うが、そういや、倉庫や実家の押入れの中をのぞけば軽くタイムスリップできそうなモノがたくさんあるね。(^^
 
それで、夕方仕事が早く終わったので、久しぶりにレコードを聴いてみた。昔、レコードは買ってくるとすぐにカセットテープへ録音し、めったにレコード自体はかけない事が多かったせいか、保存はすこぶる良くて新品みたいだ(^-^。

 きょうも聞き終わったレコードのホコリを、クリーナーでふき取る。(スポンジのブラシみたいなやつ) 「ナガオカ」とあるこのクリーナーも35年選手だ。(先日の冷蔵庫とどっこいどっこいで・・・)

17022001

日本製品の耐久力

 壊れてから買い換える事の多い家電に、冷蔵庫があるのではないでしょうか。実家の冷蔵庫もとりあえず動いているのでそのまま使い続けていましたが、壊れて動かなくなる前に、『火』でも吹いたら大変ですから父親を促し、家電屋さんで早速購入してきた。

17021601


 何年経っているのだろうかと、赤い冷蔵庫の裏をのぞくと、当時書いたと思われる覚書には、『昭和56年』の文字。1981年でした(^-^;)
 白い方はそれよりもやや古かった記憶があるので、36年以上前の代物・・・、いや白物家電でした。
 白い方で、当時卓球部だった自分は壁打ちの練習をしていた覚えがあります。36年の我が家の歴史の中では、母親を送り、祖母を送ったり正しく実家の歴史ありですなぁ。ところで赤いのは「ナショナル」で、白いのは「リッカー」とありました。リッカーって、ミシンだけかと思ってた。。。


*

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »