« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年8月

9月の営業予定。

水色の日はお休みさせて頂きます。
1809koyomi

鰣(ハス)釣り

今年の酷暑にうんざりしながらも、ロッドを振りたい気持ちは抑えきれず、かといって渓を目指す余裕がなかったので、琵琶湖でハス狙いとなった。
琵琶湖に流入する河川には今時分は多くのハスが遡上してるはず・・・と,川を覗きこみながら移動していく。
とりあえず、確認して川へ入り、タックルの準備にかかるが、フライフィッシングでハスを専門に狙っている釣り人はいるにはいるが、あまり多くないのが実情でしょうね。。。

18081401

川は渇水ですが、魚は見えるので5番ロッドにフローティングライン、シンキングリーダーでフライの浮き上がりを抑えててリトリーブするとそこそこ掛かってきます。
18081403_5



8番前後のフックにウーリーバッカー風に仕上げたフライなら当たり障りないのかも知れません。。
Dscn0318
25cm~27cm程度が飽きないぐらいに釣れますが、なにせ魚の数が多く、流し方をミスるとすぐにスレ掛かりしてしまいますね(^^;)
きっちりと、フライ先行で送り込み、、、、これって、鮭釣りとメソッドがちょっと似ているような。手取川の鮭釣りも流し方次第でスレ・・・ってのが。
Dscn0340
ただ、引きは結構良くって5番以下のロッドですと、尺クラスが来たときは十分楽しめます。フックは時々チェックは入れているのですが、バラシが多く、ハスの口の形や、リトリーブという釣法が災いしているのでしょうか?

« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »