« 後出しお知らせハガキ | トップページ | あの池は何処へ? »

真冬のお楽しみ

 一年でもっとも寒い時期になると、釣りに行くことも億劫になったりして、なかなか外へ出ることも少なくなる。 すると必然的に屋内の作業が多くなりインドアな休日になってしまう。
 
 2年ほど前に、店舗の創業20周年を記念してオリジナルのインストCDを制作したものがあって、全7曲をYouTubeにアップしようと目論んだ。
 完全に個人的な好みで作ったジャンルであり、ついでを申せば店内でのBGMにも使えるもので・・・と考えていた(もちろん現在、店内で流しているが)。
 それでもやはり曲のコンセプトは大事か・・・と思ったので、いろいろと考えて故郷の自然や文化をモチーフにと考えをまとめていった。

 そもそも、中学のとき初めて音楽に凝ったのが、イエローマジックオーケストラ(Y・M・O)。シンセサイザーなる電子楽器に興味を持ったことが始まりだった。そののちは、姫神せんせいしょん(現・姫神)、喜太郎、Deep Forest(ディープ・フォレスト 等、シンセを使ったインスゥルメントミュージックに傾倒していた時期があった。

 当時、これらの音楽制作に使う機材をふんだんに手に入れることは学生にはまず無理だった(^_^;) 音を重ねて(多重録音)曲を仕上げることは、ラジカセ2台準備してピンポン録音することまでが関の山。シンセも和音の出るポリフォニックシンセには手が出せず、単音のみのモノフォニックシンセ。すべてはお金がモノを言う。

 ところが現在は、音を出す機能はPCのソフトが、鍵盤はPCと繋ぎ鍵盤器に音源装置はいらないときたもんだ。まぁ、モニタースピーカやらヘッドフォンはいるけど。

 ふ~ん、便利な時代になったものだ・・と、感心していた4年ほど前。頑張って機材を揃えて何十年かぶりに音楽制作をはじめた。
 むか~し、ラジカセ2台でやってた頃の曲がいくつもあって、今は聞くに堪えないシロモノがいくつかあるので古いカセットテープをハードディスクに起こしアレンジを加えて作っていったものをYouTubeなどに上げていった。

 前述したモノフォニックシンセ(KORG MS-10)も動く範囲で参加させてやった(^^) 今更ながらですが現在は、DTMって言うんですね。

とりあえず、全7曲うちの1曲です。

« 後出しお知らせハガキ | トップページ | あの池は何処へ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真冬のお楽しみ:

« 後出しお知らせハガキ | トップページ | あの池は何処へ? »