音楽

クリスマスバージョン作ってみた

あと十日でクリスマス。今年も早かったと年々感じますね。
オリジナルボカロをちょっと触って、クリスマスバージョンにしてみました。


 


 


ご当地テーマ曲のアップロード

新しい曲をアップロードしました。
ご依頼のあったお寺さんのテーマ曲です。。
ほんこさん(報恩講)の前に流してみたいそうです。ありがたいことですね。

https://youtu.be/mKXrfAzmbIY

アルファ波がたっぷりと入れてあります(笑) 寝る前にもお勧めですよ。

ぼかろ作品制作記

ボカロで民謡はやった事が無い。
あの「コブシ」をどう表現するのかなぁ、と思いチャレンジしてみた。

 

「安里屋ユンタ」という沖縄民謡があるが、むか~し昔に同級生から借りた
細野晴臣氏の『はらいそ』というアルバムの中に、「(新)安里屋ユンタ」をカバーした曲があって
沖縄民謡が元歌と知らず、なンンてファンキーな曲だぁ、と感激したことがあった。

 

で、早速制作に取り掛かったが、やはりコブシの設定を作るのが難しいもんでした。。。
元歌の沖縄のコトバで作ったので著作権は問題無いようです。

https://youtu.be/dg1153Rcaus

 

今年こそは

今年こそは、、、いつも思うことだけれど なかなかそうは行かない事が多いのも事実かなぁ。
ボカロ新曲を今年こそは作るぞ~と、毎年年の始めに思うのだけれど、あっという間の一年間で終わってしまう。
年初めに机の整理をしていると、以前作った曲の資料とか出てきて先述の話になる。
あ~でもない、こうでもないと手を加えていっても結局最初の案に戻ってしまうこともよくある。
画像は、最終の歌詞カードと、動画にするにあたってどんなキャラを描くか~・・なんて考えていた頃のもの。


Img_20200101_0001bc
曲の動画です。


眠りにつく前に聴いて見ようか

 昔からヒーリング系の音楽だとか、マインドミュージックだとかが好きで自分で多重録音にはまっていた学生時代。作れる技術も機材もテクニックも持ち合わせてはいなかったが、アイデアを保存するということだけはしっかりとやっていて、今でも聴くことができます。(カセットテープからPCへ保存済みのモノ)
 特に、オリエンタルな旋律にはよだれが出るほど好みであったから、アジア風、和風の曲が多く残されています。
 犬の散歩に出かけて、フト浮かんだメロディーを繰り返し唱えながら帰り着き、すぐさま録音に入るなどよくやったものです。今でしたらスマホにでも録音しておけばいいですね。
 そんな当時の曲を現代の機材で復活して、店内でのBGMに使うことは非常に嬉しいことであります(^_^) 

下記の楽曲は、近所の川遊びをモチーフに作り上げました。「眠る前に聴ける音楽」がコンセプトとなっています。

あの池は何処へ?

 菰野町に流れる三滝川。町役場の辺りには常に水が少なく、いや無いときもある。このあたりは天井川状態で伏流水が周辺に張り巡らされてるんでしょうか。
 所々に湧き水の小さな池が出現していて、透き通った水が夏は涼しげに見える。久しぶりに近くを通って覗いてみるも、こんなに水量が少なかっただろうか??と思うこともしばしば。。。中には、池の存在自体があやふやな場所もあったりする。
 一番のお気に入りだった、「浄観池」も、池の中はフナやドジョウ、モエビやアブラハヤから、綺麗な綺麗なニシキゴイへと変化していた。池底一面に生えていた水草は無くなり、なんともまぁ殺風景である。ニシキゴイが綺麗かどうかは別として、元から存在はしていないはず。どういう経緯でこうなったのかな。

昔と変わってしまった池を懐かしく思い出し、少年時代の夏の一日をモチーフに作った曲です。

真冬のお楽しみ

 一年でもっとも寒い時期になると、釣りに行くことも億劫になったりして、なかなか外へ出ることも少なくなる。 すると必然的に屋内の作業が多くなりインドアな休日になってしまう。
 
 2年ほど前に、店舗の創業20周年を記念してオリジナルのインストCDを制作したものがあって、全7曲をYouTubeにアップしようと目論んだ。
 完全に個人的な好みで作ったジャンルであり、ついでを申せば店内でのBGMにも使えるもので・・・と考えていた(もちろん現在、店内で流しているが)。
 それでもやはり曲のコンセプトは大事か・・・と思ったので、いろいろと考えて故郷の自然や文化をモチーフにと考えをまとめていった。

 そもそも、中学のとき初めて音楽に凝ったのが、イエローマジックオーケストラ(Y・M・O)。シンセサイザーなる電子楽器に興味を持ったことが始まりだった。そののちは、姫神せんせいしょん(現・姫神)、喜太郎、Deep Forest(ディープ・フォレスト 等、シンセを使ったインスゥルメントミュージックに傾倒していた時期があった。

 当時、これらの音楽制作に使う機材をふんだんに手に入れることは学生にはまず無理だった(^_^;) 音を重ねて(多重録音)曲を仕上げることは、ラジカセ2台準備してピンポン録音することまでが関の山。シンセも和音の出るポリフォニックシンセには手が出せず、単音のみのモノフォニックシンセ。すべてはお金がモノを言う。

 ところが現在は、音を出す機能はPCのソフトが、鍵盤はPCと繋ぎ鍵盤器に音源装置はいらないときたもんだ。まぁ、モニタースピーカやらヘッドフォンはいるけど。

 ふ~ん、便利な時代になったものだ・・と、感心していた4年ほど前。頑張って機材を揃えて何十年かぶりに音楽制作をはじめた。
 むか~し、ラジカセ2台でやってた頃の曲がいくつもあって、今は聞くに堪えないシロモノがいくつかあるので古いカセットテープをハードディスクに起こしアレンジを加えて作っていったものをYouTubeなどに上げていった。

 前述したモノフォニックシンセ(KORG MS-10)も動く範囲で参加させてやった(^^) 今更ながらですが現在は、DTMって言うんですね。

とりあえず、全7曲うちの1曲です。

ものもち(その2)

 またしても、「ものもち」の良い話。今回は、モノというより音楽。楽曲というやつですか。
 中学一年の時に、イエローマジックオーケストラ(YMO)にはまり、見事音楽の扉が開けたわけで・・・、それらの音楽を聴きこんでいくうちに、誰でもそう思うが如く、「演奏したい」という欲求が沸いてきました。初めて興味を持った楽器がギターでもピアノでもなく、「シンセサイザー」だった事が幸いして、音を重ねて録っていくという行動を起こさせるのです。

 それでも、その作業を行えるようになるのは高校生になってからで、2台のラジカセを使い、演奏をしながらダビングを繰り返していきます(ピンポン録音)。
 そのピンポンで録った当時の曲が今でもカセットテープの中にはいくつか眠っていていますが、出来栄えはとても人に聴かせる類のモノではありません。

 先日も、その古いカセットテープをデジタルレコーダーへ取り込み、整理しながら使えそうな楽曲を見つけては、リメイクに勤しんでいました。そのうちの一曲がやっと出来上がりました。
 33年の時を超えて(^-^;)、甦る事が出来たのも、現代の機材のおかげですね~。(なにせ間違えてもいくらでも作り直しできます)
 
 捨てなくて良かった。カセットテープ(笑)

 * 

ものもち

 物持ちが良いねぇ・・・と、よく言われる。単に捨てきれない性格かと思うが、そういや、倉庫や実家の押入れの中をのぞけば軽くタイムスリップできそうなモノがたくさんあるね。(^^
 
それで、夕方仕事が早く終わったので、久しぶりにレコードを聴いてみた。昔、レコードは買ってくるとすぐにカセットテープへ録音し、めったにレコード自体はかけない事が多かったせいか、保存はすこぶる良くて新品みたいだ(^-^。

 きょうも聞き終わったレコードのホコリを、クリーナーでふき取る。(スポンジのブラシみたいなやつ) 「ナガオカ」とあるこのクリーナーも35年選手だ。(先日の冷蔵庫とどっこいどっこいで・・・)

17022001

5年越しの~

 5年前に旧友から預かっていた歌詞。当時、とりあえずメロディーは作ったものの、つめが甘く、時折思い出してはアレンジを繰り返してました。
 ボカロに手を付けて、アコギ一本と主旋律とバックのコーラスのみで作ってYouTubeに上げたのが今年正月過ぎ・・・。
そんで先日、ニコニコ動画にあげて『"風の匂い。"プロジェクト』一通りの出来上がりを見ました。

*** また、全国のカラオケJOYSOUNDにて、カラオケの配信中であります。
「キョク♪ナビ」リモコンのトップから→「曲名」→「風の匂い。」「かぜのにおい。」で一発検索できます。。。

と、言うわけで。→

つづけて、Youtubeでも。→

より以前の記事一覧