今月の着物

着物

昨日来店していた古くからの友人が、「手軽に釣りをやってみたい」・・・というので、藤原町にある「フィッシング・サンクチュアリ」を紹介した。今日が定休日なので早速出掛けると言っていたが、昼前から吹いてきた強風はどうだったんだろうか?

ところで久しぶりの「今月の着物」。緑が鮮やかな訪問着です。春の若葉の色・・・というよりは、夏の新緑って感じですかね。

110209_2

今月の着物

先日、子供の卒業式に着て行った着物。

スワトウ刺繍の訪問着です。画像ではやや色合いがでていませんが、「浅緑」ですね。

若葉の出始めるこの季節にはぴったりだと思いました。

090322asamidori

話題は・・・

お客さんとの会話の中で年末恒例の話題はいくつかあるがまず、

「今年の休みはどれくらい?」・・・これは大企業だと十日前後、中小企業だと曜日によりますが早かったり、遅かったり。

「休み中のご予定は?」・・・ほとんどがどこにも行かず近所ぶらぶらというのが多いです。

「初詣は行きますの?」・・・この辺だと多度大社や椿神社が多いですねぇ。

変わったところでは、「今年は神社の火の守りがあるで、年越しは大変ですわ」。

・・・この辺では結構あります。

でも一番多いのはこれ。

「もう、正月が来てしまいますなぁぁ・・」

年々、加速する月日。だれもが感じているみたいです。

さあ、もうあと3日・・・。

081228kimono_2

年明けそうそう成人式もあるし、振袖を飾ってみました。

「孔雀」ですが、「火の鳥」にも見えます。

9月の着物

ディスプレイが「小千谷紬」にかわりました。

小千谷紬は、新潟県魚沼地方で古くから、特に農村地域で

自給用の麻布として織られ、それが日常の衣服として発達してきた着物だ。

やや透き通った感じがまだ暑い日の残るこの時期には最適だと思います。

0809kimono01 0809kimono02

今月の着物

季節も移り変わってきたので、

ディスプレイの着物を変えました。

「紬」らしいのですが、色は全体に薄いねずみ色。

小さく花があしらってありますが、はっきりとは分かりませんね。

端切れが付いていたのですが、それには

「韓国産・南鮮」と、あります。本湯通し・槌打ち済みとあるので、

堅着物に対しての手入れはしてあるみたい・・。

涼しげに見える一品で、これからの季節には良いのかも。

0805kimono

今月の着物

年も改まり、ディスプレイの着物も変えました。

雪が少ないとはいえ、やはり冬。太陽が傾くと急激に寒さが増してきますね。

淡い桃色の生地が春を連想させ、気分だけでも暖かくなります。

0801kimono01 0801kimono02

11月の着物

月もかわり、ディスプレイ用の着物が変わりました。

今月は、新潟県南魚沼市「やまだ織株式会社」の塩沢紬です。

塩沢紬は江戸時代に織り始められ、麻織物の技術技法を絹織物にとり入れた織物です。

一見、黒ですが、良く見ると生地の向こうが透けて見えます。

0711kimono1 0711kimono2